どの業者が良いのか

経験が豊富な業者が良い

これまでにたくさんバリアフリーリフォームを請け負っている業者なら、難しいリフォームでも行ってくれます。
確実にこちらの希望を叶えてくれるので、リフォームが成功するでしょう。
経験が少ない業者だと、難しいリフォームは断られる可能性があります。
すると妥協しなければいけませんが、暮らしやすい住宅になりません。

また、確かな実力を持っていることも確認してください。
実力がない業者だと、間違った方法でリフォームされるかもしれません。
するとリフォームが終わってから、すぐトラブルが起こります。
いちいち業者に連絡するのは面倒ですし、修理するために余計な費用が発生するので実力があるという部分も妥協しないで業者を決めてください。

アドバイスを聞こう

自分たちで考えても、どのようなバリアフリー機能があれば楽に生活を送れるのかわからないかもしれません。
その場合は、業者のスタッフに聞いてください。
スタッフはバリアフリーに関する知識を豊富に持っているので、信頼できるアドバイスをくれます。
また、おすすめの機能を聞いても良いですね。

ただスタッフとの相性が悪いと、希望に一致するアイデアを出してもらえません。
こちらの意図が通じない人は相性が悪いと思って、スタッフを変更してもらいましょう。
さらにアドバイスをもらったら、その機能が必要なのか家族で話し合ってください。
必要ないと思ったら、キャンセルしても構いません。
別にもっと良い機能がないか、スタッフに聞きましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP